お客様の声

  1. HOME
  2. ブログ
  3. B&d Blog
  4. トレーニングにまつわる素朴な疑問
 

トレーニングにまつわる素朴な疑問

投稿日:

こんにちは!

週末は冷え込みましたが、今日は珍しく暖かい日となりましたね^ ^
今日はトレーニングをしている人なら一度は疑問に思うような内容をQ&A形式で解決していこうと思います。

正しい知識で効率よくトレーニングの成果を出していきましょう!!

Q1:トレーニングは毎日した方が効果があるの?

   A:全身や同じ部位を毎日トレーニングすると疲労が溜まってしまうので、2〜3日おきにトレーニングするとよいです。毎日トレーニングする場合は鍛える部位を分割してトレーニングしましょう(1日目:胸、背中、2日目:脚、3日目:肩、腕、4日目:OFFなど)。1つの部位を3種目〜4種目、トータルで12〜16セットを週2回の頻度でトレーニングすると良いです。

Q2:プロテインを飲むと太るの?

   A:プロテインはタンパク質なので、しっかりウエイトトレーニングをしていれば筋肉の合成に使われ、脂肪にはなりにくいです。トレーニングをしている人は1日に除脂肪体重1㎏あたり2〜3gタンパク質を摂ると良いとされています。普段の食事でタンパク質が不足している人はプロテインを利用すると効率よくタンパク質を摂取する事ができます。ただし、プロテイン自体にもカロリーはあるため、飲みすぎや食事で栄養が足りている人の摂取は太る可能性があります。また、種類によっては炭水化物が多く入っているプロテインもあるので注意が必要です。1日に何回も飲む場合は牛乳で割ると脂肪分のカロリーが多いため、カロリーが気になる人は水で割ると良いでしょう。因みにプロテインを飲んだだけでは筋肉はつきません(^^;

Q3:お腹周りの脂肪を取るには腹筋をするのが1番効果があるの?

   A:腹筋運動をしてもお腹周りの脂肪は落ちません。腹筋運動はあくまでウエイトトレーニングなので腹筋の筋肉を肥大させたり溝を深くすることはできますが、お腹についた脂肪を取る事はできません(お腹に限らず、二の腕や太ももなどの部分痩せは難しいと言われています)。お腹周りの脂肪を落とす1番効果的な方法は、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどの多くの筋肉を刺激できる種目で大筋群を鍛え代謝を上げ、有酸素運動を30〜45分くらいするのが良いです。また、摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまうといくら運動をしても脂肪が落ちないので、炭水化物と脂質の摂り過ぎに気をつけ、炭水化物と脂質を減らした分、タンパク質を多く摂るようにしましょう。過度なカロリー制限はトレーニングの効果が出にくくなってしまうのでNGです。

  

それ以外にもトレーニングに関する疑問などリクエストがありましたら、スタッフまでお願いします^ ^
MIKATA

関連記事